クリスバムステッド選手に学ぶ大胸筋の鍛え方

 

 

宮下

今回は、クリスバムステッド選手の大胸筋トレーニングを解説していきます。

 

クリスバムステッド選手と言えば、クラシックフィジーク界に突如現れた超新星ですね!

安藤

 

宮下

そうですね!彼のトレーニングの特徴は何と言っても、超高重量を扱っていることですね。しかしながらフォームは非常に丁寧で参考になります。

 

よし!クリスバムステッド選手を研究するぞーーー!!

安藤

クリスバムステッド選手とは

Chris Bumsteadさん(@cbum)がシェアした投稿

2017年オリンピアクラシックフィジーク準優勝の選手です。
カナダ出身で、身長は180センチオーバーの比較的大柄な選手です。

宮下

全身のバランスが非常にいいですね。まさにクラシックフィジークという感じです。

 

こんな体になりたいなあ、、

安藤

 

大胸筋トレーニング解説

今回は以下の動画を参考にしています。

アップ

ポイント

1.アップは入念に行う。

2.胸のトレーニングなので、肩のアップも入念に行う。

アップな入念に行ってください。
十分すぎるほど行ってください。

1種目目:フラットベンチプレス

ポイント

1.  ブリッジの姿勢を意識する。

2. バーをゆっくり降ろす。

クリス選手は普段から高重量でトレーニングを行っています。
今回の動画では140kgで行っていますが、他の動画では180kgで行っていたりもします。しかしながら、フォームは非常に綺麗かつ丁寧です。
初心者の方は、いきなり高重量で行うのでなく、低重量から行ってください。

2種目目:インクライダンベルプレス

ポイント

1.ダンベルを上げ切らない

2.筋肉の緊張を切らさないようにする(負荷をかけ続ける)

クリス選手のインクライんダンベルプレスのフォームは筆者の感想ですが、世界で5本の指に入ると思います。
動画を見ていただければ分かりますが、大胸筋の動きに注目すると一目瞭然です。

3種目目:ケーブルフライ

ポイント

1.低重量で行う

2.各セット毎に角度を少しずつずらしていく

クリス選手はこの種目では、重量より効かせることを意識して行っています。また、この種目自体は、ほとんどの選手が効かす重視で行っています。大胸筋の収縮を意識しながらやっていきましょう。

4種目目:バタフライマシン

ポイント

1.手の位置を上にずらす

2.収縮動作を丁寧に行う

2種目続いてのフライ種目です。
握るところを上にずらしているのがわかります。
デフォルトで行うのに慣れてきたら、このようなアレンジを加えるのもいいですね。

5種目目:チェストプレス

ポイント

1.重量よりも効かす重視

2.限界ギリギリまで行う

クリス選手は最後にプレス系の種目を行っていますね。
大胸筋のトレーニングの順番に関して基本的になんでもOKです。
自分にあった種目と順番でトレーニングを行いましょう。

まとめ

今回はクリスバムステッド選手の大胸筋トレーニングの解説を行いました。彼のトレーニングのフォームは非常に参考になるので皆さんも是非お試しください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です