Sadik hadzovic選手に学ぶ腕トレーニング

宮下

今回はサディク選手の腕のトーレニングにについて解説して行きたいと思います。

 

昨年フィジークからクラシックフィジークへと活躍の場を移した選手ですね!

安藤

 

宮下

そうです。彼のトレーニングのフォームは非常に綺麗で参考になるので是非勉強していきましょう。

 

 

はい!張り切っていきます!

安藤

 Sadik hadzovic選手とは

SADIK HADZOVICさん(@sadikhadzovic)がシェアした投稿

現在クラシックフィジークの選手として活躍しているサディク選手。
詳しい詳細は下記のリンクをご覧ください。

世界のトップ選手紹介編①(Sadikhadzovic)Part2:トレーニング編 世界のトップ選手紹介編①(Sadikhadzovic)Part1:トレーニング編

宮下

サディク選手、2回目の登場ですね。

 

そうですね。筋トレを語る上では外せない人物です。

安藤

腕のトレーニング解説

今回は以下の動画を参考に解説していきます。

一種目目:ワンハンドダンベルアームカール

ポイント

・両手ではなくあえて片手で行なっている

・反動は使わずに肘を固定して行う

宮下

肘をしっかり固定していて、フォームが非常に綺麗です。

 

そうですね。たまにジムにいますよね、めっちゃ重いダンベルをめっちゃ変なフォームでカールする人(笑)

安藤

二種目目:トライセプスプッシュダウン

ポイント

・肘を固定して行う

・重りを下げる時に肘を内側にするように意識する

宮下

ポイントは肘を内側に絞ることですね。そうすることでもろに三頭筋にきます。

 

三頭筋より前腕がやべえ、、

安藤

三種目目:バーベルトライセプスエクステンション

ポイント

・肘を固定して行う

・重すぎる重量は扱わない

宮下

ここではあまり重すぎる重量を扱ってはだめですよ。

 

重り落としたら顔面に当たっちゃいますね。

安藤

四種目目:バーベルアームカール

ポイント

・体幹を意識して行う

・上腕二頭筋を絞るように行う

・肘を固定して行う

宮下

動画を見てもらえるとわかりますが、カールというのは下ろす時の方が重要ですよ。そうすることで腕により負荷がかかるようになります。

 

そうなんですね。常に筋肉に負荷がかかるようにすることが重要なんですね。

安藤

五種目目:マシンアームカール

ポイント

・重量より効かすことを考えて行う

・上腕二頭筋を絞るように行う

宮下

この種目では、上腕二頭筋の力こぶをターゲットに行なっています。しっかり潰しましょう。

 

とりあえず、フォームがかっこいい。

安藤

六種目目:ダンベルトライセプスエクステンション

ポイント

・肘を固定して行う

・重量を意識して行う

宮下

この種目ではバンバン重い重量で取り組みましょう。また、最終種目なので腕を潰す勢いで大丈夫です。

 

宮下さん。怖すぎ、、

安藤

まとめ

今回はサディク選手の腕のトレーニングを解説しました。
サディク選手のフォームは綺麗なので、非常に参考になりますね。
是非、サディク選手のような腕を手に入れましょう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です