クリスバムステッド選手に学ぶ腕のトレーニング

マサル

今回はクリスバムステッド選手の腕のトレーニングについて解説して行きたいと思います。

 

宮下

出ました。殿堂入りのクリスバムステッド選手。

 

もう完全にあれですよね。サイト名もクリスバムステッド筋トレ研究所に変えた方がいいですよ。

安藤

 

マサル

まあ、彼は伝説の選手ですからしょうがないですよね。今日も張り切って行きましょう!!!

クリスバムステッド選手とは

Chris Bumsteadさん(@cbum)がシェアした投稿

2017年オリンピアクラシックフィジーク準優勝の選手です。
カナダ出身で、身長は180センチオーバーの比較的大柄な選手です。

ちなみに下記の記事もクリスバムステッド選手のトレーニングの記事です。お時間があれば、ご一読ください。
クリスバムステッド選手に学ぶ大胸筋の鍛え方 クリスバムステッド選手に学ぶ大胸筋の鍛え方Part2 クリスバムステッド選手に学ぶ背中のトレーニング

 

マサル

クリス選手の記事結構増えましたね。

 

宮下

そうですね。まあ、すごい選手なのでついつい紹介しちゃいますよね。今年のオリンピア優勝候補ですねからね。要注目です!!

 

クリス選手!!!!

安藤

 

腕のトレーニング解説

今回は以下の動画を参考に解説していきます。

一種目目:ワンハンドケーブルトライセプスエクステンション

ポイント

・肘を固定して行う。

・可動域を意識して行う。

MEMO
    15-20reps  4sets

マサル

この種目のポイントは肘を固定して、可動域を意識して行うことです。つまり、腕をブン回しながら行ってはダメだということです。
確かに下手な方って腕を振り回しながらやっている方が多いですもんね。

安藤

宮下

そうです。まずは肘を固定し、コントロールできる重量で行うことが大事です。

 

二種目目:バーベルアーム

ポイント

・肘を固定し、ゆっくりめで行う

・バーを上げる時より、下ろす時を丁寧に行う

MEMO
    10-14reps  5sets

マサル

この重量でこのフォームは本当にすごいですね。
僕は片方5kgのプレートでも限界ですよ。

安藤

宮下

重量は軽くてもいいんです。しっかり負荷をかけることを重点に行いましょう。

 

三種目目:トライセプスダンベルプッシュ

ポイント

・肘が開きすぎないように意識して行う

・重すぎる重量は扱わない

MEMO
    10-14reps  4sets

マサル

肘が全くブレてないですね。非常に参考になるフォームです。
腕がもげそうですね。(真顔)

安藤

四種目目:ワンハンドダンベルアーム

ポイント

・力こぶを潰すように意識して行う

・一連の動作で力を抜けないように意識して行う。

MEMO
    15-20reps  4sets

マサル

筋肉の負荷が全く抜けていないですね。上腕二頭筋が破裂しそうです。

 

宮下

そうですね、上腕二頭筋への刺激の当て方が非常に上手です。
半端ないって!!!

安藤

五種目目:トライセプスケーブルダウン

ポイント

・回数を多めに設定して行う。

・肘を固定して行う

MEMO
    20reps  5sets

マサル

この種目に関しては、肘をしっかり固定して行わなければ全く意味がありません。しっかり自分がコントロールできる重量で行いましょう。

六種目目:ハンマーカール

ポイント

・重量は軽めで行う

・トップのポジションでしっかりキープする

MEMO
    10-14reps  4sets

マサル

ハンマーカールはやらない人が多いですが、すごく良い種目です。
上腕二頭筋にスパイスの効いた負荷をかけることができます。

 

宮下

確かにハンマーカールをやっている人はあまり見ない気がします。この種目は上腕二頭筋と前腕を鍛えることができる一石二鳥のトレーニングなのでとてもおすすめです!

まとめ

今回はクリスバムステッド選手の腕のトレーニングを解説しました。夏に向けて太い腕を作れるように張り切って行きましょう!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です